日常の出来事を書いてます。

桜行脚~高遠城址公園リベンジ~

P4190123.jpg


P4190133.jpg




_MG_1577.jpg


P4190080.jpg

園内のしだれ桜、去年より元気がないように思えた。。。


_MG_1610.jpg

観光バスと桜を見た瞬間、 京都・奈良の修学旅行の記憶と重なった。



IMG_1552.jpg




P4190111.jpg



ギリギリ晴れているうちに園内に入ることが出来たけれど、
帰路に向かった途端に雨。 
六道の堤同様、こちらも慌ただしく、花を愛でる感じじゃあなかった。

今年は、(今年も?) 様々な桜の名所を行脚してきて、
充分満足したので、これにて今年の桜行脚はおしまいです。

======================

写真は撮っていないけれど、天竜川の堤防とか、
高速道路上(箕輪町)や、諏訪市の堤防の桜など運転中に楽しんでます。
長野県の桜、まだもうちょっと楽しめそうです。(^^)



スポンサーサイト

桜行脚~六道の堤リベンジ~

富士山と河口湖の桜を撮りに行くはずが、
朝、我が家の空模様を見て気力が失われた18日。

(ライブカメラで河口湖を見たら晴れてたんですケドね・・・。)

1日ウダウダ潰してしまった。
天気予報を信じて翌朝に期待。

19日。 まさかの曇天。 (;´・ω・)
午前中様子見。 お昼を食べてから出発。
六道と高遠ダブルでリベンジ。

晴れ間はあったけれど、風が強くて落ち着かなかった~。

P4190039.jpg

堤面、凪ってマス。

P4190030.jpg

この2日でさらに花開きました。満開です。

P4190010.jpg


_MG_1501.jpg

早く高遠に行かなきゃ、日が陰るわ~
と、大急ぎで写真を撮ったので、ばったばたしました。

桜行脚~高遠城址公園~

六道の堤から、いよいよ本丸(高遠)突入。

とは言え・・・・。
お天気は確実に崩れる予報。 

空は曇ってくる一方。
高遠まで足を伸ばすか、かなり迷った末
とりあえず駐車場まで行ってみることに。

無料で駐車できる「高遠図書館」に車を停めて
そこから歩いて登って行く。20分くらい登るかなぁ。

天気がイマイチだったので、あまり期待していなかったが
登ってびっくり(@@;)
曇っていても、なんとまぁ圧巻の桜たちよ!!


ボリュームがあり、柔らかな白乳色の雲みたいな桜が見えた。肉眼では。
正直、これ程とは思っていなくて、
流石は全国に名を轟かせる名所だ、と
地元民は改めて納得したのであります。

が、しかし・・・

夢中で撮った写真は、悲しいかな、
肉眼の感動からは程遠い出来栄えでありました。

P4170117.jpg

元高遠城桜門

_MG_1342.jpg

桜雲橋 (おううんきょう)

予想通り一番混雑してました。


_MG_1379.jpg

公園を出て南側(高遠美術館の庭)

P4170152.jpg



P4170193.jpg



高遠美術館から歴史博物館へ向かう階段。
_MG_1394.jpg


歴史博物館の絵島囲み屋敷の桜
P4170179.jpg

桜守さんが手塩にかけて育てた桜たちは
それはもう美しく咲き誇っていましたが
高遠コヒガン桜の美しさを写真で伝えられなくて残念でした!

まぁでも、
脳内には、高遠の桜と、楽しそうに帰るご家族の方々、
「きれいだったね~」と笑顔で話されていたおばあちゃん達の姿が
印象としてインプットされました。

車に戻ってお昼を食べてお昼寝をしたら、予報通りの雨になりました。

桜行脚~六道の堤~

晴れ/雨 ☀/☂

本日の予報。

晴れと言うより、曇りだけれど・・・・。
午後から雨だって言うけれど・・・。
10時頃、辛うじて明るい空模様になってきたため、六道の堤へ出発。

家から20分で到着。
3日前は、まだつぼみだった桜が一気に花開いていました!

_MG_1246.jpg


_MG_1299_201704180811285a3.jpg

中央アルプス、経ヶ岳を背景に。

_MG_1296_2017041808112736b.jpg

写真撮る時は、青空はホントご馳走。

P4170028.jpg


P4170078.jpg



湖面に写った風景も絶品!

_MG_1257.jpg


松本からお越しのおじさんが、六道の堤の近くにあるお寺も良いと教えてくれました。
(この人もちょっと前に到着して、近所の人に聞いたばかりなんだって)

その吉祥寺へ行ってみた。
たしかに桜はキレイに咲いていたけれど、曇ってきて写真としてはイマイチ。
でも、良い場所教えてもらって良かったです◎ タイミングが合えば良い写真撮がれそう。

_MG_1311.jpg

相棒のすーさんと桜。(吉祥寺の駐車場にて。)

初体験:「御頭祭」諏訪大社前宮

数年前に、このお祭りのことを知りましたが

毎年4月15日

この日に諏訪大社前宮で行われる、ということ以外

時間すらよくわからないお祭りでした。



11時頃、諏訪大社上社本宮を御神輿が出発するのかな?と
一度本宮を覗てみましたが、お祭りっぽい動きはない。

お天気は雨模様。
御神輿と一緒に歩くというのも難儀に思えて、前宮で待つことに。

11時半頃から1時間ほど前宮を参拝。
少々疲れたので、車の中で30分ほど仮眠。
13時頃から徐々に神事に使われる供え物などが会場へ運ばれ、
一般の観光客も徐々に増えてきました。

_MG_1150.jpg

雨に濡れないように、神事に使う供物や榊(でいいのかな?)に
ビニールが掛けられていました。

P4150006.jpg

鹿さんの頭の所と、右側に青い光。
写真を撮ると時々出るこの光。 戸隠神社や富士山なんかでも出ていた。

あぁ、ここにいらっしゃるんだな。

と納得していたのですが、
神事中、神社の方が
「その場所には神様がいらっしゃるから、神事中、その近くに行かないように!
そこに立つことはもう、無理ですから!!」
と少しでも見える位置を取りたい、私たち一般人に再三指示を出されていました。


やっぱりそうか、とさらに納得。


14時頃、だんだんと雅楽の笛の音が近づきます。

_MG_1154.jpg

雨のため雨合羽や傘を差す人も。

_MG_1160.jpg

厳かな雰囲気が漂います。

_MG_1166.jpg


_MG_1171.jpg

うんとこどっこいしょ

_MG_1175.jpg

_MG_1177.jpg

「いや~ これはキツイわ(笑)」


白装束のおじいさんがそう漏らした時、目があって、
思わず笑ってしまった。周りの人も笑っていた。

意外と・・・・

和やかなようだ。


P4150023.jpg

御神輿が入りまぁす。

先端が危険ですから、お近くの方は移動してくださぁい。

もうちょい、右、右。

あと少し!!

_MG_1185.jpg




緊張が走ったが

御神輿は無事神事会場へ。



P4150033.jpg

神事開始後、途中までは人だかりで幕屋の中がほとんど見えなかったけれど、

不思議なことに、だんだん、私の前の人が一人減り、二人減り。

ついに中が見られる好位置に立つことができました!

あらびっくり。

雅楽も、祝詞も聴けて、厳かな雰囲気に十分浸ることができました。

幸せだ~。

_MG_1208.jpg

幕屋での神事後は、別の2ヵ所でも同様に行われました。

宮司さん達の動作が揃っていて、美しかったです。

ゆったり。 流れるような所作。

すてきだなぁ。

P4150039.jpg

最後、鳥居の前で拝礼する頃には

お天気も回復し、

空からは晴れ間がのぞきました。

_MG_1220.jpg

その美しさに思わず息をのむ。

ここに、

神様は

いらっしゃる。


滞りなく神事が終了。

お神酒が配られます。

P4150040.jpg

_MG_1227.jpg


その後、参列者は上社の本宮へ帰ってゆきました。

何気にほっとした雰囲気が感じられました。

_MG_1228.jpg


_MG_1233.jpg

_MG_1236.jpg


_MG_1237.jpg

雨はすっかり止んで、本宮まで追跡も出来たのですが、
1時間以上神事を見ているうちに、体がすっかり冷えていることに気付き、
追跡は途中でやめました。

駐車場に戻るために前宮の方を振り返ったら、
前宮の上空だけ雲が切れていて、びっくりです。

_MG_1238.jpg

このお祭りに参加して気付いたのですが、

普段の前宮には感じられない場の雰囲気がありました。

それは人々が作り出した装置のようなもの。

大気のような包み込まれるようなエネルギー。

その場が整ったことで、神様が 「よし」 とされたことを感じました。


ようやく見ることできて本当に良かったです。

また来年
ご縁があったら来たいです。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top